本文へ移動

ブログ

コンクリート圧送技術報告会に参加してきました

2019-06-26
コンクリート圧送技術報告会

誠江商事の日高です。

今日 2019年6月26日水 朝から、東京都大井町で、

日本コンクリート工学会主催

【コンクリート圧送技術調査委員会報告会】に、参加してきました。

http://www.jci-net.or.jp/j/events/symposium/20190619-20190626.html

 

これは、全圧連(全国コンクリート圧送事業団体連合会)や、

日本建設機械工業などが、後援されている

コンクリート圧送について、日本のトップクラスの研究者・実務者が一堂に会する会議でした。

 

誠江商事も、コンクリートポンプに関連するの最先端を技術を勉強するため、参加いたしました。

 

 

■安全について

 過去18年間で27人もの死亡事故が起きている

 全圧連の事故記録を詳細に分析した結果が報告されました。

 

 また、アンケート調査の結果

 圧送業者は、ポンプ圧送は【危険な作業】だと考えているが、

 元請担当者は、ポンプ圧送が【危険な作業】との認識がうすい

 との問題点が指摘されました。

 

 そして、圧送作業チェックリストが提案されました。

 また、元請との意見交換するための雛形書式も提案されました。

 

■施工計画について

 高性能コンクリートや、CFT圧入などの新しい技術が、地方でも増えてきていること

 元請の職員は、圧送業者に施工計画を作ってもらうしかない。

 そのため、新しい技術を使う施工計画を、作れるかどうかで、

 大規模案件の受注できるかどうかのポイントとなる

 報告書や当日のプレゼン資料には、新しい技術を使う施工計画を作るために有用なデータが沢山掲載されいました。

 

 

今回参加して、コンクリート圧送技術調査委員会の報告書や、当日発表されたプレゼン資料など、貴重な情報を入手できました。

 

これからも、「コンクリートポンプ一途」 で、

圧送業者の皆様のお役にたつため、毎日、研鑽を積みたい心新たにしたしました。

TOPへ戻る